肝パワーEプラスの効果、成分・特徴はこちら

肝パワーEプラスは国内産の素材にこだわった肝臓サプリメント。

肝パワーEプラスの成分と特徴

レバーザイムの成分は、牡蠣(広島産)、ジャンボにんにく(長野産)、南高梅(紀州産)で、素材・産地・量のすべてにこだわって作られた点が特徴の肝臓系サプリメントです。

肝パワーEプラスの口コミ・レビュー

(ピックアップ)

夕食を食べながらお酒を飲むことで、一日の仕事の疲れが吹き飛ぶような気がします。そこで毎日、晩酌を欠かさずに楽しんでいたら、会社の健康診断で血圧が少し高いと診断されました。治療を受けるほどではありませんが、食生活や生活習慣を見直すきっかけになると考えました。

しかしお酒を控えるのは無理だと思ったので、肝パワーEプラスを飲み始めることにしました。肝パワーEプラスには、亜鉛などの高い栄養価が含まれた広島産牡蠣や、長野産のジャンボにんにく、そしてクエン酸をたっぷり含んだ紀州産南高梅の成分がたっぷり含まれていることに魅力を感じました。

特に牡蠣に含まれている亜鉛はミネラルを含んでるので、そのミネラルがアミノ酸とアミノ酸を結合することを促して良質なたんぱく質を作り出してくれるのが魅力だと感じました。身体に必要な栄養素は、偏って摂取しても効果がありませんから、肝パワーEプラスを飲むことによって食事からは足りない栄養素を補ってくれると感じました。肝パワーEプラスは、黄色の透明なカプセル状になっているので、においが気にならず小さいので飲みやすいと感じました。

にんにくを食べると、周囲ににおいが広がっているのではないかと心配になりますが、カプセル状なのでにおいがなく、さらに摂取した後も口からにおいが出てくるといことはありませんでした。ソフトカプセルになっているので服用するときにも喉に違和感はなく、飲み込みやすいのが良かったです。

肝パワーEプラスを飲み始めてから継続して摂取することでより効果があると思ったので、毎日1回飲むことにしました。効果を感じるようになったのは、肝パワーEプラスを飲み始めてから3日ほどたった朝でした。いつも朝起きるときは身体が重くて憂鬱になるのですが、その日の朝は気分よく目覚めることができました。身体の中で肝パワーEプラスが効果を出して、エネルギーが体の内側から出ているのではないかと実感しています。