お酒やめられないなら、せめて肝臓ケアしませんか?/肝臓ケアランキング

お酒、やめられません(汗)

お酒をやめられないので何か他に肝臓をいたわる方法がないか…40代になって肝臓のことが以前より気になるようになりました。

色々調べてみると、肝臓のケアをしないでお酒を飲み続けるのは危険だというのが分かってきました。

「肝臓が悲鳴をあげて万が一のことがあったら…」

何もしないで放置していると肝臓が怖いことになるかもしれない。とはいえ、お酒をやめられるかと言えば、中々やめられないのも事実です(汗)

そんな時にどうすればいいのか?

実は、適度な運動と食生活の改善が効果的だということです。

ですが、難しいです!(汗)

そういう人のために何かないか?調べてみたら肝臓系のケアとしてサプリメントがありました。

最近は特に人気になっているようで、商品もいろいろ増えてきたました。そこで私の実感を元にランキングしましたので参考にしてみてはいかがでしょうか。

お酒やめられない時のケアサプリランキング

レバリズム-L
しじみ、牡蠣エキス、スクワレンなど厳選素材配合サプリメント
厳選素材の成分、しじみ&牡蠣エキス&スクワレン他、シスチン、ビタミンB2、ビタミンEなど配合した肝臓サプリメント。
定価
5,980円(税込)
主な成分
しじみ、牡蠣エキス他
定期初回
980円(税込)
割引率
83%オフ
定期2回目~
3,980円(税込)
割引率
33%オフ
しじみん
しじみん
しじみの身と貝殻成分をプラスした新しいサプリメント
特許取得の新健康成分カルサイトたっぷり30日分が75%オフ。他にはない肝臓サプリメント。
定価
4,104円(税込)
主な成分
しじみ、カルサイト
定期初回
1,000円(税込)
割引率
75%オフ
定期2回目~
4,104円(税込)
割引率
0%
セラクルミン
日本で初めての肝臓系機能性表示食品
肝機能酵素のAST、ALT、γ-GTP-の数値の低下が科学的に実証された機能性食品。クルクミンの吸収力を高めたサプリメント。
定価
9,980円(税込)
主な成分
クルクミン
定期初回
4,990円(税込)
割引率
50%オフ
定期2回目~
7,980円(税込)
割引率
20%オフ
ゲンキウコン
ウコンのクルクミンにこだわった肝臓系ケアサプリ
クルクミンが最も多いと言われているインドネシア産のクスリウコンを使用。
定価
3,780円(税込)
主な成分
ウコンのクルクミン
定期初回
1,058円(税込)
割引率
72%オフ
定期2回目~
3,402円(税込)
割引率
10%オフ
しじみにんにく極
しじみにんにく
しじみ&にんにく&すっぽん配合サプリメント。
しじみ&にんにく&すっぽんのトリプル配合。モンドセレクション金賞受賞の肝臓サプリメント。
定価
1,980円(税込)
主な成分
しじみ、にんにく、すっぽん
定期初回
990円(税込)
割引率
50%オフ
定期2回目~
1,782円(税込)
割引率
10%オフ
注意点
最低3回継続が必要
肝パワーEプラス
肝パワーEプラス
力強い栄養素3つを凝縮
牡蠣(広島産)、ジャンボにんにく(長野産)、南高梅(紀州産)を配合。素材・産地・量のすべてにこだわった肝臓系サプリメント。
定価
9,720円(税込)
主な成分
牡蠣、にんにく、南高梅
定期初回
6,458円(税込)
割引率
34%オフ
定期2回目~
8,748円(税込)
割引率
10%オフ
その他ポイント
30日返金保証あり
Wのオルニチン
Wのオルニチン
130年同じ製法の日本最古のサプリメント
明治15年から30時間煮詰める製法にこだわったしじみエキスサプリメント。
定価
5,482円(税込)
主な成分
しじみ
定期初回
2,450円(税込)
割引率
50%オフ
定期2回目~
4,900円(税込)
割引率
10%オフ
注意点
最低3回継続が必要
レバーザイム
レバーザイム
成分オールインワンの肝臓サプリメント
レバーエキス、ウコンエキス、しじみエキス、ビタミンB2・E 、しそ油、牡蠣エキス、活性酵素、EPA・DHA(オメガ3)の8つを配合したサプリメント。
10日分
980円(税込)
主な成分
レバーエキス、ウコン
定期初回
4,860円(税込)
割引率
25%オフ
定期2回目~
4,860円(税込)
割引率
25%オフ
備考
定価・約1か月分6,480円(税込)

ランキング1位のレバリズム-L

ランキング1位の肝臓サプリメント・レバリズム-Lは、国産の厳選素材にこだわり、静岡県産のしじみエキス、岡山県産の牡蠣エキス、千葉県産のスクワレンをはじめ、シスチン、ビタミンB2、ビタミンEなど肝臓系を意識した成分を配合しています。

この厳選素材を考えれば料金はほかの商品と比べてもかなりリーズナブルかもしれません。そういう面で先着500名限りとなっているかもしれませんね。

私もなかなかお酒をやめられないでどうしようと思っていましたが、その対策としてレバリズム-Lを飲むようになってから朝の目覚めがスッキリするような感覚で、違いを時間しています。

お酒をやめられない人の強い味方かもしれませんね。

>>ランキング1位のレバリズム-Lはこちら

脂肪肝になると何が怖い?その先に進む危険性や生活への影響は

脂肪肝とは肝臓の細胞に脂肪が過剰に蓄積された状態のことをさします。

もっとも有名な原因としてはアルコールの過剰な摂取があげられますが、近年、アルコール摂取が原因でないものも非常に危ないことがわかってきました。

肥満のない人でも起こり得るもので、さらに危険性も高いことが報告されています。

ただし、多くの場合、自覚する症状はほとんどないことが多いです。

肝臓は予備能力が高い病気で沈黙の臓器とも呼ばれ、症状を自覚するようになってからでは非常に病状が進行した状態にあることが圧倒的に多いです。

ではなぜ、初期には症状のあまりない脂肪肝が怖いのでしょうか?

脂肪肝の怖さ

まず、脂肪が蓄積された肝臓では血液の流れが悪くなります。

肝臓は非常に血液量の豊富な臓器で、体内の解毒作用や消化管で吸収した栄養を体内で使うための準備をするなど非常に多くの役割を担っています。

脂肪で膨れた肝臓の細胞は血管も圧迫するなどして血液の流れが悪くなり、肝臓の細胞が障害を受けたり破壊されたりします。

肝臓は障害を受けると自分で直そうとしますが、受けた障害が軽度であれば大きな問題はありません。

しかし、肝臓全体で脂肪が蓄積して肝細胞が壊れては再生している状態を広範囲に続けていると徐々に肝臓に炎症が強く出てきます。

いわゆる肝炎の状態です。

炎症が徐々に進行すると肝臓の中には修復の過程で作られる繊維成分などが増加しやわらかかった肝臓が徐々に固くなってきます。

これが進行した状態が肝硬変です。

肝硬変と聞くと肝臓がんなどの悪性腫瘍が起きやすくなることは多くの人がご存知ではないでしょうか。

つまり、脂肪肝が進展すると肝硬変から肝臓がんまで重症化してしまうことがあるのです。

しかも、初期にはほとんど気づくことができなくて、気づいたときにはかなり進行しているところが怖いのです。

さらに、もっと重要なのが、肥満があったりお酒をたくさん飲んでいる人がなる病気と思われがちですが、そうではありません。

体重が正常範囲にある人でも脂肪肝になっていることが少なくないのです。

特に20歳以上の大人になってから体重が増加した人に多く見られています。大人になれば少々の体重増加は仕方がないと思われがちです。

その通りですが、逆にいえば多くの大人に危険があるということです。

さらに、アルコールをほとんど飲まない人に起きる非アルコール性脂肪性肝炎という病気がクローズアップされてきています。

これは、アルコールも飲まないのにアルコール性脂肪肝よりも急激に進行し重症化しやすいことがわかってきていて、中年以降の女性に多いとされています。

ですから、ほとんどの大人が注意すべき怖い疾患といえるでしょう。

>お酒やめられない時のケアサプリランキングはこちら

お酒やめられないなら肝臓系のケアサプリでサポートしよう

人間ドックや定期検診や病院での採血や生活習慣病予防検診などで肝臓の数値が高いと診断されたことがあるという人は多いのではないでしょうか。

肝臓の数値に異常がある場合、ウイルス肝炎、脂肪肝、肝硬変、肝がんなどの病気が隠されている危険があります。

本当に大事なことですので、きちんと精密検査を受けて対策を行いたいところです。

アルコールの過剰摂取

肝臓の数値に悪影響を与える大きな原因はやはりアルコールの過剰摂取があります。

わかっていてもお酒がやめられずに悩んでいるという人もたくさんいるかもしれませんよね。

私もその1人ですので(汗)

そんな人に人気になっているのが、肝臓系のサプリメントです。

肝臓系サプリメント

最近特に注目度も上がってきましたのでご存知かもしれませんが、お酒やめられないなら肝臓系のケアサプリでしっかりとサポートをして健康に役立てたいですね。

肝臓系のケアサプリには、牡蠣などに豊富に含まれているタウリンやしじみなどに豊富に含まれているオルニチンなどが配合されている商品が増えてきました。

牡蠣やしじみを毎日食べるとなると物理的にも経済的にも困難が生じますが、サプリなら毎日の健康習慣として手軽に無理なく摂取し続けることができます。

また、吸収しやすい商品で効率的に肝臓に作用させることができる利点があります。

粒タイプのものやドリンクタイプのものなど様々な種類のものが様々なメーカーから市販されていますので、自分のライフスタイルに合ったものを選んで取り入れてみましょう。

サプリの摂取にプラスして健康的で規則正しい生活習慣を身につけたり休肝日を設けたりすることも心がけたいですね。

お酒をやめられない場合でも週に2日は休肝日を作ろう

お酒が好きで毎日夜に飲むという人ほど、休肝日を考えるべきです。

健康のためにお酒をやめたくても、ずっと習慣的に飲酒を続けてきた場合はなかなかお酒をやめられないものです。

健康診断で指摘されて、お酒を減らしたりする人も多いようですが、自分で歯止めをかけるのは難しいですからね。

それでも毎日飲んでいる人ほど、休肝日を作り肝臓を休ませることがとても大切です。

肝臓とお酒について

毎日お酒を飲んでいると、肝臓に負担がかかり、内臓の働きが悪くなります。

肝臓は、アミノ酸を作ったり、コレステロールに関係してくる臓器なので、肝臓が悪くなると脂肪肝や肝臓がんなどの病気につながることもあります。

私も若い頃は他人事で気にしませんでしたが、40歳を過ぎてから意識するようになりました。

実際に脂肪肝や肝硬変のような病気になると取り返しがつかない可能性がありますので。

肝臓の負担

毎日大量のお酒を飲まなければ、肝臓に大きく負担がかかることがないのですが、お酒をたくさん飲む人や外で飲む習慣がある人は、なかなかお酒をやめられないため肝臓に毎日かなりの負担がかかっていると言えます。

そういう人ほど健康診断で指摘されて初めてお酒を減らす人もいますがその前に行動するべきなのです。

休肝日の大事さ

お酒をやめられない場合は、週に2日程度は休肝日を作ることで肝臓への負担が軽減されると言われていますので直接病気につながる可能性が低くなると言えます。

例えばストレスにより、「アルコールを毎日飲まないと気が済まない」「お酒をやめられない」と悩んでいる場合はまずは休肝日を作りながら少しずつお酒の量や飲む回数を減らす努力が大切です。

例えばかかりつけの医師に相談したり、運動や食事で健康的な生活を送ることを意識することも大事になります。

肝臓をいたわる

自分の体のため、肝臓のために最終的にはお酒をやめるのが最善です。

ただ、なかなかお酒をやめられない場合は、肝臓を休ませる日を作り、さらに機能をサポートできるよなサプリメントでいたわってあげるのが大事です。

私も一気に禁酒というのは難しいため、肝臓系のサプリを使うようになりましたが、サプリを試し始めてから朝の目覚めが変わったり、2日酔いの感覚が少なくなったり、体の変化を感じています。

>>肝臓サプリランキング1位はこちら

 

肝臓の数値が高い時の対策とは?

肝臓の数値と一言で言っても、実際にはいくつか種類があります。

ALT(GPT)

ALT(GPT)は基準値が30 IU/L以下です。

大きく基準値から外れれば病気がかなり進行していますので医療機関の受診が必要です。

AST(GOT)

AST(GOT)も基準値が30 IU/L以下ですが、この数値が高い場合は他の臓器の病気が疑われます。

γ(ガンマ)-GTP

ガンマGTPの基準値は、50 IU/L以下です。この数字はアルコールの分解に重要な関係をしています。

数値が100以下ですと、禁酒をすれば正常値に戻る場合が多いです。

100以上になると自己管理で何とかなるレベルではありませんので医療機関の受診が必要です。

基準値より少し高めのレベルから対策をするのが無難です。

肝臓の数値に異常があったら

対策が遅くなるほど病気の発症のリスクは高く、改善は難しくなっていきます。

肝臓は沈黙の臓器と言われ、病気の自覚症状がなくどんどん進行している場合もあります。

肝臓の数値対策

肝臓の数値を改善する為には、食生活の見直しが最優先です。

あまりに食生活がひどいと、運動をしても焼け石に水だからです。

肝臓に対する栄養補給が大切で、たっぷりの野菜を始め、炭水化物やタンパク質なども摂るようにします。

脂質を控える為にも肉より魚を選ぶのが良いです。

乳製品や油料理も控えた方が良いです。

総カロリーが平均的な一日の目安を上回ると、脂肪に変化して蓄積しやすいので特に注意が必要です。

食べ過ぎは肝臓に負担をかけます。

腹八分目を意識して、おやつは控えるなどの工夫が大切です。

お酒の飲み方

お酒が好きな人でも最低でも週に2日は禁酒日を設けないと危険です。

今後の身体全体の健康の為にもお酒を辞める事も考えたいものです。

その他に気を付ける点

食品添加物と農薬は、肝臓で解毒する事になるので、肝臓に負担をかけています。

食品添加物が含まれているかを、チェックする習慣を身に付け、野菜はよく洗うようにするのが良いです。

これらが意識できて初めて肝臓に良い食品である牡蠣やしじみ、大豆などを摂る事が効果的になってきます。

>お酒やめられない時のケアサプリランキングはこちら

肝臓に良い食事や成分とは?その中でも特に普段から摂取しやすいものとは

肝臓に良い食品にはレバーや緑黄色野菜、大豆食品や魚介類などがあります。

日頃からこれらの食品を使った食事をすることによって、代謝機能と解毒作用を高めます。

解毒作用が高まると疲れにくくなり、お酒を飲んだ翌日に二日酔いになることを防げます。

レバーの良さ

レバーにはアラニンと呼ばれる成分が配合されており、肝臓の解毒作用を高める働きがあります。

焼き鳥を食べる際には、もも肉だけでなく肝も食べるようにすると手軽にアラニンを摂取することができます。

レバーは貧血予防の働きもありますので、貧血気味の方や妊婦さんなどは、レバーを食べることをおすすめします。

緑黄色野菜

カボチャやほうれん草、ブロッコリーなどの緑黄色野菜には、いろいろな種類のビタミンとミネラルが数多く含まれています。

緑黄色野菜に含有するビタミンAとビタミンC、ビタミンEは抗酸化ビタミンと呼ばれており、活性酸素を除去する働きがあります。

活性酸素が除去されると肝臓の働きが良くなり、代謝機能や解毒作用が高まります。

大豆食品

納豆や豆腐、味噌汁などの大豆食品には良質な植物性タンパク質が豊富に含有されています。

タンパク質は損傷を受けた肝臓を修復する働きがあり、ダメージから回復するようになります。

植物性タンパク質だけでなく、肉類から動物性タンパク質を摂取することも大切で、植物性タンパク質と動物性タンパク質をバランス良く摂取することが大事です。

魚介類

青魚やしじみ、牡蠣などの魚介類にはタウリンと呼ばれる成分が配合されています。

タウリンは肝臓の働きを活性化させる働きがあり、解毒作用を高めてくれます。

特にしじみや牡蠣はタウリンが豊富に含まれていますので、普段からしじみの味噌汁や牡蠣料理を食べるようにすると、二日酔いの予防や滋養強壮などの効果が期待できます。

肝臓に良い食事や成分まとめ

これらの食品のうち、普段から摂取しやすいものに、焼き鳥のレバーやほうれん草、納豆やしじみの味噌汁などがあります。

いずれも値段は手頃で、ほぼ年間を通して購入できますので、手軽に有効成分を摂取することが可能です。

偏食をせず、バランス良く食べることがポイントで、毎日献立を変えて、いろいろな有効成分を摂取するように心がけます。

普段の食事だけで有効成分を摂取できない場合には、タウリンなどの有効成分を配合しているサプリメントが販売されていますので、サプリメントを摂取すると十分な有効成分を補えるようになります。

サプリメントは気が向いた時だけ摂取するのではなく、毎日続けて摂取することが大切です。

>お酒やめられない時のケアサプリランキングはこちら